2016/12/28

12月28日 競作、愛玉殿縞、光陵、梓

名作者、万葉さんとの競作2点です。
万葉の足あと
『富国殿』
極小苗から5作かけた6才。
葉幅も出て、本芸を現してきました。
来作うまくいけば展示会で入賞を狙えそうです。 
『舞子』
こちらも6才。
覆輪気が進んできました。
中々下葉が保てないので、葉繰りを一枚増やす戦法に切り替えます。




ここからは競作ではありません。
『愛玉殿(縞)』
相当な老木ですが、木勢が衰えません。
折り下げの良い中型種、オールド・ファッションでかっこよきよき。
どうせ縞ものを作るならもう少し派手でもいいですが、こうやって作がかかってくれると何にせよ楽しいものですね。 
「光陵」
ここんところ毎年作上がりするものだから、続けて萬風展に出展していたのですが、今年もまたさらに良くなってしまいました。
腰の張り具合が今まででベストです。

なんでしょうか、この欠点のない万年青は。(柄がないのが欠点ですが...)
まあそろそろクドいので、次回の萬風展はやめときますか。 
でもベストである以上は出すべきか...
最後に「梓」。
以前は百瀬1号と呼んでいた実生。
今までで最もポテンシャルが引き出されたのではないでしょうか。
葉姿は見れたものじゃないですが。
こうなると完覆で仕上げてみたいという欲求が出てきます。
N.Tさん、期待してますよ。

4 件のコメント:

  1. どの木もよく出来ていますね。
    「梓」は葉巾を出せれば見ごたえありますが、なかなか難しい。
    お陰様で、今年もおもとを愉しむことができました。
    良いお年をお迎えください。

    返信削除
    返信
    1. 本年も宜しくお願いします。
      こうやって見ていると同じ「大宝」×「英宝」の「円心」に似たところがあります。
      今作でまた新しい何かを見せてくれるのでは、と期待してしまいます。

      削除
  2. 御無沙汰です。競作含め、どの木も勢いを感じますね! 私のほうもアップしますね。

    返信削除
    返信
    1. 本年も宜しくお願いします。
      どちらも今年あたりがピークのように感じますので、今年いっぱいの勝負にしますか?
      また何か新しい木の競作も検討しましょう。
      他にもblogをやっている方で参加してくれる方がいると面白いですよね。

      削除