2016/07/23

7月23日 芋吹き救済、永楽芋吹き、玉姫

芋吹きの吹きはじめは最もデリケートな時期なので、どうしても傷みが発生することがあります。
原因として最も多いのが、親木の管理が多肥だった為に芋が軟弱になっていること。
また、芋がしっかりとしていても、過水が原因で蒸散しきれず、首元からいってしまうこともあります。
早期発見した場合には生苔に差すなどして運良く助かる可能性もあります。
傷みを見分けるポイントとしては泥稚葉と呼ばれる、一番下の葉の状態です。
泥稚葉が変色した場合には早急に首元のチェックをすることをおすすめします。


芋吹き観賞『永楽』
完全覆輪の苗木です。
力和型の本種ですが、芋吹きは立ち葉性で、地肌にザラつきがあります。
覆輪は薄くかかりますが、稚葉、爪にはっきりと現れます。
生え実生をみる際、最も参考になるタイプの型と地合いをしています。 



『玉姫』
当園の一番手です。
これはまた新たな試みの培養方法で、鉢植えの万年青をプランターに置いて、その周りをもう一度砂利で植えるという斬新な方法です。
なぜ初めから鉢を緩めないかというと、根を鉢を締めた状態に仕上げたいからです。
まだ芋根の状態をチェックしていないので、良いか悪いか分かりませんが、秋の仕上りをまた報告します。 
『玉姫』の本芸。
葉幅をひいた総雅糸竜の中に玉竜、跳ね竜を現します。
玉姫型の獅子でこれを超える実生はまだありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿