2014/12/10

14日本おもと名品展 長野県支部

支部対抗杯、長野県支部は4位でした。健闘された作品を一部紹介します。

『駿河富士』特別最優等
小林博美さん
これだけ斑の良い物を作かけるのは大変です。
さすがに葉疵ゼロではありませんが、目立った葉疵のない美術木でした。 
『松籟』特別最優等
佐藤さん
初めての特別最優等受賞で気合いが入ったとおっしゃっていました。
葉幅をひいて本芸を現しています。
まだ若木なので来年は目指せ金屏風ですね(^^)b! 
『雪光冠』特別最優等
茂木さん
この作品はお預かりする時から良い線いくだろうな、とは思っていましたが、期待通りの入賞でした。 
『寿扇』優等
茂木さん
上の入賞品を見ると葉重ね、葉肉の厚みが現れた作品が入賞していました。
まだ若木ですので、これから年々良くなっていくのは間違いないでしょう。 
『旭峰』最優等
茂木さん
宮崎さんに代わって茂木さんが今では長野県支部の『旭峰』の名人です。
葉数とボリュームはトップの今泉先生の作品よりも良かったですが、締まって葉芸を現した先生の木がトップでした。
この辺は審査の時の運もありますね。 
『雲山』優等
山村信太郎さん
葉芸に若さがありましたが、葉数、葉幅は素晴らしいものがあります。これから一、二作で本芸を現せばかなり期待できそうです。 
『鸞山』優等
内野さん
この部門は例年通りの激戦で、この作品は中でも存在感がありました。来年葉重ねをした姿が想像できるので、注目しています。
『富士の光』最優等
徳永さん
長野で良くこれだけ曙斑を現して仕立て上げられました。
来作は施肥を少し強めに、もっと迫力を出していただきたいです。
『玉松』最優等
百瀬さん
惜しくもトップ入賞はなりませんでしたが、さすがは『玉松』の百瀬さんですね。
実生家こそ決まりものの一流品を作るべし、というスタンスで万年青を楽しんでおられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿