2014/08/08

万年青に狂う旅in九州方面 pt.3

三件目は北九州の中西さんのお棚。
最近では『千代田鶴』の美術木や『武丸』の覆輪などを展示されていた記憶があります。
柄の良い『錦麒麟』と『千代田城』。 
『地球宝』
これは大平口の熊谷性だそうです。
第6回の萬遊会で入賞されていました。 
『童子』の覆輪
この品種は類似品がありません。
深い紺性と雪白の覆輪のコントラストが素晴らしい。 
『天光冠』
秋の仕上り次第では良い美術木になりそうでした。 
この本芸を引き出すのが難しいんです。

0 件のコメント:

コメントを投稿