2014/11/29

14日本おもと名品展pt.4

掛川商工会議所会頭賞
『富士の図』長野県支部 小林幸喜さん
吉田性。この木で以前に業者組合賞を受賞されたことがあるそうです。
やや葉が乱れていましたが、図が抜群に良かったです。 
NHK静岡放送局長賞
『萬楽』山形県支部 舩山英雄さん
本種の本来からすると大分葉芸が若かったですが、葉姿の均整がとれてボリュームがあったのでインパクトが強かったようです。 
中日新聞東海本社賞
『一宝』長野県支部 茂木二三夫さん
本種史上最高の作品と言えます。お見事です。
欲を言えば一番下の葉が若いので、来作でさらに洗練されるかもしれません。
栃の葉書房賞
『錦麒麟』東筑支部 中島清司さん
最近の本種の入賞品としては小ぢんまりと締まった作品でした。縞柄良く、止め葉に甲竜を現していたのが良かったようです。
本種は甲竜が現れているか否かが重要なポイントです。

大淵銀器賞
『旭翠』北九州支部 中西義康さん
この部門は最優等の作品も甲乙付け難いくらいに良い作品でしたが、止め葉がしっかりと主張しているこの作品が上に行きました。 
一番下の葉が細いので来作で被ってくればさらに良い作品になりそうです。 
これが最優等の作品です。
磐梯広報社賞
『玉姫』近畿支部 岸下勝治さん
さすがは獅子の名作者。素晴らしい『玉姫』でした。
葉幅があり、玉竜、跳ね竜をのせるのが本種の特徴であり、それがしっかりと表現されていたのが良かったです。
この作品を見ると、玉姫型は出てもやはり本種に適う実生は今のところありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿