2013/12/24

'13日本おもと名品展 pt.4

日本おもと業者組合賞
『舞子』
埼玉県支部 篠崎さん


『円心』『鳳山』などを作出されている実生家の方ですが、決まりものの美術木作りもしっかりと実践しておられます。
本種は葉繰りが2枚程度の品種ですが、三年葉を保つとボリュームが変わってきます。
(社)園芸文化協会賞
『鸞山』
写真で氏名を確認できず。
葉数は少ないですが、葉巾をひいた至芸品です。

国際花と緑の博覧会記念協会賞
『富国殿』
東京支部 徳益さん

東京支部展で協会長賞の木。
改めて見ると至芸で葉姿も整い、素晴らしい出来でした。

NHK出版賞
『千代田の松』
写真で氏名を確認できず。
斑がよく、葉疵なく、各葉に甲竜を現した美術木でした。
栃の葉書房賞
『山雅の松』
山形県支部 高橋さん
止め葉の甲竜が太く現れて力強く出来ていました。
さすがは名作者、羅紗だけでなく、薄葉でも金屏風を射止めました。

0 件のコメント:

コメントを投稿